パソコンの急なトラブルには、修理業者へ。

便利なシステム

ERPパッケージの導入にあたり発生する追加、改修作業

自社工場などに効率化や詳細な管理を目的としてERPパッケージを導入するケースは良く見受けられます。ERPシステム自体はカバーする範囲が部品の購入や在庫管理から、ものづくりに必要な図面管理、そして納期管理など幅広いものがあります。ただどれも一つとっても業種により特殊なものや管理方法が存在することも多々あり販売されているERPパッケージをそのまま導入するのには難しいものがあります。販売元や開発元もやはり販売するシステムをお客様の運用ルールに乗せれるように改修作業込みでの提供を前提とするところはあります。そのため導入するにあたり営業やシステム屋にいかに自社の運用ルールを正しく伝え、システムが合致するかどうかを細かく協議する必要があります。

時にはシステムにあわせて運用ルールを変えることも必要

導入するERPパッケージが自社ルールと完全に一致するケースは稀です。導入する異なる仕組みが構築されている場合、自社のルールをどれだけシステムにあわせることが出来るか検討することも必要です。複数の向上を持っている場合、システムをルールにすることが出来る決断をしなければならないときもあります。またERPパッケージによっては在庫管理系や能率管理系など機能が細かく細分化され、単体で販売されているケースも多くあります。必要に応じて購入単位の確認もする必要があるでしょう。最近では多品種小ロット化など様々な生産形態に対応しているERPパッケージが多く販売されています。利益や効果がうまく一致すれば業務の効率化に大きく貢献できるものなので色々なパッケージを比較し検討していくことが重要となります。