パソコンの急なトラブルには、修理業者へ。

ハードディスクについて

ハードディスクのデータ復旧

パソコンを利用している人でハードディスク障害になった人は少なくないと思われる。パソコンが起動しないなどのトラブルはハードディスク障害が原因であることが多い。パソコン自体が起動しなくなり、買い替えをしなくてはいけないという事もあるが、ユーザーが大事に保存していたデータが無くなってしまう事もユーザー側からすればショックが大きい。 ハードディスク自体が消耗品であるため、障害が発生する可能性は時間が経過するとともに出てくる。問題はハードディスク障害時、データ復旧ができる場合とできない場合がある事である。データ復旧ができるかどうかはハードディスク障害の内容にもよる。大事なデータがデータ復旧できない場合にも大丈夫なように日頃からバックアップしておく必要がある

有効なバックアップ方法について

データのバックアップについてはまず外付けハードディスクの利用である。USB接続をするだけで、特に設定の必要もないため、パソコンにあまり詳しくない人でも簡単に利用する事が可能である。また、最近の外付けハードディスクはディスク障害に備えてRAID構成になっているものも販売されている。日頃からデータコピーなどをしておけば、いざという時に備えることもできる。 また、DVDやブルーレイディスクへのバックアップも有効な方法である。媒体保存にはあまり場所がとらない、長期保存にも適しているため、家庭でも十分に対応可能である。もちろんバックアップ方法もパソコンのライティングソフトなどで可能である。 ハードディスクのデータ復旧は成功しない可能性も大いにあるため、こうしたデータバックアップは日頃から心がけていきたい。